ぺリオ・インプラント センター世田谷

東京都世田谷区下北沢の歯周病専門医歯科、ペリオ・インプラントセンター

オーラルデザイングループTOP
デンタルオフィス下北沢一般HP
オーラルデザイン下北沢・矯正歯科こどもの歯医者さんHP
HOME インプラント・歯周病治療費用 トピックス インプラント・センター歯科医院院内紹介 スタッフ アクセス インプラント予約・相談メール リンク
インプラント・歯周病メニュー

【診療カレンダー】


休診日
歯周病の進行と治療方法
 
正常
健常な歯周ポケットは、1〜3mm です。

治療
3〜6カ月に一度、定期検診を行いしっかりとプラークコントロールしましょう。
歯周ポケットが2m以下でもプラークがついているような場合は危険信号です。

歯肉炎
【歯肉炎】
歯肉溝にプラークがたまり、歯肉に炎症が起きています。そのことにより歯周ポケットと呼ばれるものができました。この段階では、歯を支える歯槽骨は吸収していません。

処置
3カ月に一度ぐらい検診を行い、ブラッシングにて改善をはかります。PMTCによりプラークや歯石を除去して歯周ポケットの拡大を防ぎます。

軽度歯周病
【軽度歯周炎 】
これがいわゆる歯周炎です。歯周ポケットは、4〜5mm ほどになり、ポケット内にプラークや歯石がたまり炎症がより強くなります。歯肉の色が赤みを帯びてきます。歯を支える歯槽骨も吸収し始めます。

処置
麻酔をして、ルートプレーニングを行い、歯石を除去します。

中度歯周病
【軽度歯周炎・中等度歯肉炎 】
炎症が進行して歯周ポケットが深くなります。歯槽骨の吸収も進行してきます。歯を指で押すと弱干ぐらぐらしてきます。

処置
麻酔をしてルートプレーニングを行い歯石を除去します。症状が重いところは歯周外科手術へ移行する場合もあります。

重度歯周病

【重度歯肉炎】
歯のぐらぐらも著しくなり歯肉も全体的に真っ赤もしくは赤紫色になり出血も認められます。

処置
歯を保存できるようであれば歯周外科手術、再生療法(GTR・エムドゲイン等)を行います。残念ながら抜歯となる場合もあります。

 

TOP TOPICS 医院紹介 スタッフ 費用 アクセス 予約・相談メールフォーム
デンタルオフィス下北沢/ぺリオ(歯周病)・インプラントセンター 
世田谷区近辺の他、東京や小田急・京王線沿線でCTスキャン完備・専用オペルーム完備のインプラントセンターへ
〒155-0033 東京都世田谷区代田6-6-1 FLEZIO下北沢2F TEL:03-6407-1397/FAX:03-6407-1398